2015年07月20日

HDDからSSDに交換

最近、SSDにPCに触れる機会があり、SSDが早かったので自宅のCドライブのHDDをSSDに交換みました。

SanDisk Extreme PRO 240GB と、3.5インチベイに設置するためのマウンタ。
20150720_01.jpg
このSSDはメーカー保証も10年と長めで安心です。

今まで利用していたHDDと比較
20150720_02.jpg
やはり薄くて小さい。

SSDをマウンタにセットして、データ保存用のHDDを一度はずし、SSDをセット。
20150720_03.jpg

その後、Windowsを起動すると、SSDが自動的に認識されました(まだフォーマットはされていません)。

移行ソフトはAcronis True Image 2013を使用しました。
20150720_04.png
右上の「ディスクのクローン作成」を選択。

始めにコピー元のドライブを選択。
20150720_05.png

次にコピー先のドライブを選択。
20150720_06.png

設定の確認と完了画面。
20150720_07.png
もともと(1TBのHDDなのに)GPT形式でフォーマットしていたのですが特段問題も無かったので、移行先(SSD)もGPTをそのまま引き継ぎます。
(Windows7の64bit版を使用中なので、GPTを利用可能です)

再起動を促されたので、再起動します。
20150720_08.png

再起動後、OS起動前にTrue Imageが立ち上がり、コピーが開始されます。コピー先のフォーマットもここでされます。
20150720_09.jpg
20150720_10.jpg

コピー終了後はシャットダウンします。
20150720_11.jpg

シャットダウン後
(1)旧OS入りのHDDをはずす
(2)データコピー用に取り外していたもう1つのHDDを接続

その後、電源ONで通常通りWindowsが起動しました。

というわけでベンチ。
20150720_12.png
HDD、SSDともに0Fillとランダムで大きな差はありませんでした。
にしても、SSDで読み込みが2.9倍、書き込みが2.7倍早くなりました。

Windows7の起動時間は、マザーボード・ビデオカードの情報表示を含めても20秒くらいでログイン画面が出るようになりました。早いw

その後「SSD最適化設定」 で設定し再起動で完了。

最後に部屋を掃除して終了w

パソコンも早くなって、部屋もきれいになって、満足です。
意外と簡単でしょ?
posted by azoon at 18:18| Comment(2) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

PC電源交換

新しくPCの電源を買い換えました。

SeasonicのSS-760XP2Sです。
20150504-06.jpg
80PLUS PLATINUMだー!
ちなみに2015年5月4日時点の価格コムの最安値よりも2,000円近く安く買えました。
買う前提としては、80PLUS GOLD以上、プラグイン式ケーブルというのがありました。

今まで使用していたのが、Antec TRUE POWER 750
20150504-22.jpg
買ったのが2009年3月だったので、6年使ってたことになります。特段不具合は無かったのですが、そろそろ買い換えてもいいかと思ってました。

SS-760XP2S 本体
20150504-10.jpg
20150504-12.jpg

付属のケーブル類。
20150504-15,17,20.JPG

電源大きさ。
20150504-26.jpg
上がAntec TRUE POWER 750、下がSeasonic SS-760XP2S。ちょっとだけ(1cmくらい)大きくなりました。

これが交換前の状態。
20150504-02.jpg
20150504-01.jpg
ケースはAbeeのAS Enclosure S1。奥行き399mmの小さめATXケースです。

ケーブルぐじゃw
20150504-04.jpg
20150504-05.jpg
使っていないケーブルの置き場が5インチベイの下しか隙間が無かった…

電源交換後。
20150504-27.jpg
20150504-01.jpg

HDD周り。
20150504-30.jpg
交換前の写真に比べてだいぶすっきりしました。
ただ、ケーブルのコネクタの向きの都合上、HDDの電源ケーブルがクルっと1回転してます。

5インチベイの下。
20150504-31.jpg
使っていないケーブルは無く(プラグイン最高)、M/B, VGAなどのケーブルの余り部分を入れています。前(上の写真)よりは隙間が多いですね。
規格も80PLUS 「BRONZE」から「PLATINUM」に変わったので、負荷率50%の時でも7%効率が良くなる (=電源が利用する電力が減る)ので、同じ使い方をしていても省力化(=電気代が少し下がる)になると思います。

次は、もう少し大き目のケースが欲しいかな…今時の「電源が下に置く」「HDDが横からでも設置可能」なのがいいな…
posted by azoon at 21:45| Comment(2) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

FF14新ベンチマーク

2015年4月27日にファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークが公開になりました。
と言うことで早速実施。

[ベンチマーク環境]
CPU : i7-3770K (3.5GHz, TB on, 定格)
Memory : 16GB (PC3-10600, 4GB x4, 定格)
GPU : GeForce GTX 960 2GB(GDDR5, 定格)
Driver : 347.25
OS : Windows7 Ultimate(64bit)
解像度 : 1920x1080

20150502_01.jpg

DirectX 9(最高品質) : 9,061 (非常に快適)
DirectX 11(最高品質) : 6,867 (とても快適)

DirectX 11が追加されたのが今時っぽくていい感じ。
(普段DirectX 11のアプリなんて使わないので...)

ちなみにDirectX 9 で普段使用している解像度(1920x1200[WUXGA])では8,336。Full HD(1920x1080)比で約-8%。
画質を観ているとDirectX 11のほうがやっぱりリッチな感じがします。ベンチデモ観ててもスコアの割には快適に動いていたので、やるならDirectX 11でいいかな。
posted by azoon at 20:59| Comment(2) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

GeForce 960GTX

ELSAのGeForce GTX 960 2GB S.A.Cを買ってきました。
20150125_01.jpg
20150125_02.jpg 
20150125_03.jpg
  
久々に発売直後にグラボを買ったような気がします(発表は2015年1月23日)。

端子はDVI-1 x1, HDMI x1, Display Port x3。
20150125_04.jpg
 
旧カードはELSAのGeForce GTX 560Ti。前に買ったレシートが残っていたので見たところ、約4年ぶりの買い替え。どちらもミドルレンジの価格帯。
 
カードの長さが229mm→206mm(-23mm)と少し短くなった。あまり大きいケースではないので、取り回しが良くなりました。
20150125_05.jpg

電源は6pin x1 (560Tiは 6pin x2)
20150125_06.jpg 
上が960、下が560Ti。端子が短辺側にあったのが長辺側になり、端子が2個→1個に減りつけやすくなりました。

というわけで、ベンチ・・・を取ろうとしたところ、960をさした後BIOS表示から進まなくなった。ここで購入日(初日)終了。
いろいろ聞いたらBIOSのupdateしてみそ、とのことだったのでマザーボード(GIGABYTE Z77X-UD3H F7)のBIOSをupdateしてみたら起動成功。
ここまでが長かったw

気を取り直してベンチ。
GPU-Z
20150125_07.png
メモリバスが256Bitから128Bitに落ちているのがいろんなレビューに書かれていましたね(高解像度で効いてくるらしい)。

[ベンチマーク環境]
CPU : i7-3770K (3.5GHz, TB on, 定格)
Memory : 16GB (PC3-10600, 4GB x4, 定格)
GPU1 : GeForce GTX 560Ti (定格) 1GB(GDDR5, 定格)
GPU2 : GeForce GTX 960 (定格) 2GB(GDDR5, 定格)
Driver : 347.25
OS : Windows7 Ultimate(64bit)

3DMark (FUTURE MARK)
20150125_08.png
ICE STORMはベースがDirectX9なので伸び代が少ないですね。
CLOUD GATEはベースがDirectX10、ICE STORMよりは伸びがいい。
SKY DIVER、FIRE STRIKERはベースがDirectX11、随分スコアが良くなってます。

Biohazard 6 (カプコン)
20150125_09.png 
スコアが約2倍。

Final Fantasy 14 (スクウエア・エニックス)
20150125_10.png 
どの品質でも、40%前後のスコアがアップ。

消費電力
20150125_11.png 
参考サイトはこちら → 560Ti  , 960
アイドル時で25%減、負荷(3D Mark)時で31%減。
補助電源も6pin 2個から1個になったのも分かりますね。

接続インターフェイスもPCI Express 2.0 → 3.0 になりました。
低負荷時にはファンも止まるセミファンレス仕様。第2世代Maxwell万歳。
560Tiは負荷をかけるとそこそこグラボのFANの音も聞こえていたのですが、960はS.A.CのFANもあり随分静かです。
値段は、価格.comの最安値より若干安い価格で買えたのでOKとしましょう。
DirectX 12にも対応しているので、Windows10以降でも問題なさそう。

これでまた数年戦えそうです(何と)。
続きを読む
posted by azoon at 19:52| Comment(2) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

とりあえず復旧した。

先日のHDD故障で、代わりのHDDを買ってきました。
20140622_01.jpg
Seagate
ST1000NC001 (1TB) ¥8,280
ST2000DM001 (2TB) ¥6,473
ST3000DM001 (3TB) ¥8,780
全て税込み。ただし、お店のポイントが¥3,000分くらいあったので、その分を値引いてもらいました。

ST1000NC001は「エンタープライズ向けの高耐久HDD」と通常のPCとはカテゴリが違いますが、耐久性などが通常よりいいようなので、これにOSを入れる用にした。通常用(ST1000DM001)の1TBと比べると60%ほど値段が高いですが、「高耐久という安心を買う」意味でこちらにしました。

ST2000DM001は通常のデータ保存用。1TBでも困らないのですが、+¥1,000で容量2倍になるので2TBのほうがGB単価が安いからこちらをチョイス。

ST3000DM001は完全にバックアップ用。以前のバックアップ用HDDも容量が厳しくなってきたので、お手ごろ価格で容量もある3TBにしました。

それにしても、HDDも一時に比べるとずいぶん安くなりましたね。ST3000DM001は前に買ったとき(2013年末ころ)は、セールで¥10,300くらいだったかな。


取り付け後、Windows7(SP1)をインストール、各種ドライバ、アンチウィルスソフトを入れた後にWindows Updateを実行。20140622_02.png
重要なプログラム163個、容量788MB。長いわーw
(これの実施再起動後に再度実施でさらに20個くらい出ました)

これが終わった後に、各種普段使うソフトをセットアップ。あまり使わないのソフトはインストールしなかった。それだけで前に比べて40GBくらいCドライブの空きが増えました。やっぱDTMソフトって音源データって大きいのね。1ファイル500MBとかごろごろしてたし・・・

で、HDDのベンチマーク。
20140622_03.png
ST3000DM001(3TB)はST2000DM001(2TB)と同じ規格(プラッタの数だけ違う)なので、ベンチは割愛。
やはり〜NC001は速度より信頼性重視なのか、〜DM001より2割弱遅い結果となりました。最近のSSDはReadが500MB/s出るので雲泥の差があるのですが、この速度でも特別困りません。

その後、データをバックアップから〜DM001へ戻しました。
20140622_04.png
タスクマネージャでメモリが13.9GB(目視では14GB)まで使用。なにしてんのかな?と思ったけど、おそらくバックアップソフトの圧縮されたファイルから展開しているのに使ってるんじゃないかと。それにしてもメモリ使いすぎ(汗)。

というわけで、復活しました。
はー疲れた。

後は、復旧できてないマインスイーパのスコアを戻さなくては!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
posted by azoon at 21:54| Comment(2) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

ブルースクリーン その後

さらに悪化したようですw
(これは別PCからカキコしています)

先日の後、残ったOSが入ったドライブだけで起動していたのですが、

・6月18日 夜
20140619_01.jpg
Windowsが起動中に応答なくなりやむなく再起動。その後、自動的にCheck Diskが開始。結果的に
2 EA records processed.
69 reparse records processed.
Correcting error in index ・・・

・6月19日 夜
20140619_02.jpg
Windowsが起動中に応答なくなりやむなく再起動。その後、
0xc000000e
-----------------------------
NO_USER_MODE_CONTEXT
中身のないユーザーモードを入力しようとしたことを示しています。これはユーザーを設定・起動した場合に、ユーザー名はありますが、それに伴う各環境ファイルが見つからない(読み込めない)、または破損している場合に発生します。
(こちらより)
-----------------------------
こちらのHDDも故障っぽい。
はぁー。

というわけで、次の週末はHDD買いなおしてOS再インストールですな。
めんどい(´・ω・`)
アクティベーションしないと利用できないソフトも多数あり、元の環境に戻すのには結構時間がかかりそう。バックアップはしたけど、Cドライブのプログラムだけで100GB使用しているので、使ってないソフトの削除とかも考えたら整理するのにはちょうどいいかもしれない。

2台同時に壊れるのは、もしかしてケースのFANが止まってるとかあるのかな(時間が無くて見てない)。だとすると新しいの買って付けてもまた壊れちゃうかも・・・週末出かける前に見ておこう。壊れてたらFANかケースも買いなおさないといけない(ケースもだと高くつくし…でもまたabeeのケース買っちゃうと思うw)
posted by azoon at 23:44| Comment(2) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

ブルースクリーン

最近、Windows7でブルースクリーンで落ちることがちまちま出るようになった。ログを見てみると
------------------------------------
 BCCode: f4
 BCP1: 0000000000000003
 BCP2: FFFFFA8010414B30
 BCP3: FFFFFA8010414E10
 BCP4: FFFFF800041D2270
 OS Version: 6_1_7601
 Service Pack: 1_0
 Product: 256_1
------------------------------------
エラーコードが「f4」。
これをググって見ると、どうやらHDDが原因っぽいような感じ。

ということでCrystalDiskInfoで調べてみた。
20140615_01.png 
右がCドライブ。OS、プログラム用
左がDドライブ。データ保存用。
Dドライブで「05 代替処理済のセクタ数」が「24」(16進数)で表示(→これが「注意」表示となる)。
(画像にはEドライブもありますが、CrystalDiskInfoでエラーが出たのでUSB接続HDDでバックアップ中のため、ドライブが増えてます)

いろいろ見てみたのですが、値が「0以外」なったらすぐ取り替えるという人もいるし、しばらく様子見という人もいる感じ。ただ、「正常ではない状態」ではあるので、そのうちHDDを交換しないといけない感じですね(いずれ壊れて読めなくなりそう)。

世の中SSDへ流れる風潮が無くもないですが、個人的にはSSDはあまり好きになれないので、またHDD買って来るかなーとか思ってます。HDDの読み書き速度でも特に困ってないですし。

ということで(あまり人のことは言えないですが)バックアップはこまめにとって起きましょうw

HDD交換で、ブルースクリーンが収まってくれればいいのですが...。

[余談]
20140615_02.png
先日、メモリの使用量が7.72GBまで増えた。ここまで増えたのは初めてですねぇ。最後のほうなんかクリップボードにコピーしただけで1GB増加したしw
まぁメモリ16GBあるので余裕はあります。まだ使用が半分(8GB)を超えたことが無いw
(比較的安値の頃にメモリを買ったので、そんなに高く無かったです)
posted by azoon at 13:49| Comment(2) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

Office2013を入れた

たまにはこういう書き方もいいかなーとか思いました。今回は悪意は無いのですがちょっと毒多めですw
下の画像をクリックしてください。横1200ピクセルで表示されます。縮小表示される場合は、等倍(100%)表示で見てください。
20140223_01.jpg
[リンク1] http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1402/14/news052.html
[リンク2] http://surface-online.com/news/2014-02-06_891
[リンク3] http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1401/10/news074.html
[リンク4] http://news.mynavi.jp/articles/2014/01/20/windows8report/
[リンク5] http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1401/27/news042.html


おまけ
上の画像を作成中に使用メモリが6GBを超えたw
20140223_02.png
posted by azoon at 19:24| Comment(2) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

3Dベンチマーク

最近いろいろ出てきたので、3Dのベンチマークを取ってみました。

環境は以下の通り。
CPU : i7-3770K (3.5GHz, TB on, 定格)
Memory : 16GB (PC3-10600, 4GB x4, 定格)
GPU : GeForce 560Ti (定格) 1GB(GDDR5, 定格)
Driver : 310.90
OS : Windows7 Ultimate(64bit)


3D Mark (futuremark)
Basic Editionで実施。
20130224_3DMark.jpg
すっかりベンチマークのスタンダードとなった3D Mark。発表されたばっかりで比較対象が少ないので、「とりあえずこんなもの」だけ分かればいいかな、という感じです。今後2〜3年くらいはこのバージョンが使われると思います。それにしても、「新しい」iPadみたいに”ナンバリングしない”のが流行りなんですかね?分かりづらいですw


ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア (スクウェア・エニックス)
20130224_New_FF14.jpg
グラフィックのレベルに合わせて3つやってみました。普通は1920x1200の解像度で使ってますが、一般的なベンチの結果が1920x1080(Full HD)なので、それに合わせました。
相変わらずきれいな画面で見ていて面白いですね。その割には「軽く」作られているようで、思いのほかスムーズに動いてました。”最高品質”でもそこそこいけそう。ゲーム自体のリローンチが果たしてうまくいきますでしょうか・・・


Biohazard6 (カプコン)
20130224_Biohazard6.jpg
解像度は1920x1080 それ以外は標準の設定で実施。
Rank Aなのでそこそこいい感じかと。ただ、最後のほうはFPSが30を切っていたので少しカクカクしてました。


だがしかし、パンヤ以外は3Dはあまりやらないのでグラボ性能はあんまり関係ないんですけどねw

posted by azoon at 21:27| Comment(2) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

おにゅーノートパソコン

新しいノートパソコンを買いました。
富士通 LIFEBOOK SH76/HN (カスタムメイドモデル)です。
クーポン使って15%割引で購入。
20120618 01_本体1.jpg20120618 02_本体2.jpg

ちなみに今までのモバイルは、FMV-BIBLO MG75XN のカスタムメイドモデルででした。

購入に当たり、標準より以下を変えました。
OS : Windows7 Home Premium → Professional
メモリ : 4GB → 8GB
HDD : 500GB → 750GB
おまけにOffice 2010 Home and Business も付けました。WordとExcelだけでよかったんだけど、この機種がどちらかというとビジネスモデルっぽいので、Power Pointもついてます。使わないと思うけどOne NoteやOut Lookもある。

エクスペリエンス インデックスはこんな感じです。
20120618 03_エクスペリエンスインデックス.png
一番低いスコアはHDDですが、速度より容量を求めたのでSSDにはしませんでした。
それでもそんなに遅くないですし。
ただ、フォーマット形式がGPTディスクになっているので、持っていたバックアップソフト(True Image Home 2010)ではバックアップが取れない。
使い勝手のいいソフトが使えず、メーカーのユーティリティーしか使えないのはNG。

グラフィックに関しては、Core i5-3210M内臓のGPU Intel HD Graphics 4000なので、それなりにサクサク動きます。
前の本体はチップセット内臓で動かしていたし、(今となっては)結構古いのでここは嬉しいところ。

CPUはCore i-5 3210M (2.5G Hz /ターボ・ブースト 3.1G Hz, 2コア4スレッド)
20120618 04_CPU-Z.png20120618 05_タスクマネージャ.png

モバイルなのでこんなもんで十分です。これでデスクトップと共にIvy Bridgeになりました。

メモリは後で増設するのも面倒なので、最初から8GBにしました。
起動した直後で、大体1.7〜1.8GBくらい使用しています。

本体重量はDVDドライブ内蔵で1.34kg。前(MG75XN)が1.74kgだったので約0.4kg軽量化。ACアダプタも小型(軽量)化されてべりぐぅ。
旅行に持っていくときに、軽くなったのでお土産の1つ2つくらいは多く買っても大丈夫ですw

標準でUSB3.0も使えるのでべりぐぅ。

HDMI端子も付いてるので、べりぐぅ。これは別途やってみたいことがあるのでそのうち別記事にでも書こうかと思います。アナログRGB端子もあります。

Webカメラが付いているけど、使わないのでデバイスマネージャで停止をかけた。
ついでに関連ソフトも消去(必要ならリカバリーできる)。

指紋認証もデバイスマネージャで停止。
前(MG75XN)も付いていたけど、精度が低く、しかも利用できる箇所が少ないため、指紋認証を使うより普通にやったほうが早い、ということがよく分かりましたw

無線LANはIEEE 802.11b/g/n。試しに家で接続したところリンク速度は144M bpsでした。ルーターは(規格では)450M bpsまでいける(150M bps のアンテナ3本=450M bps)ので、アンテナは1本分しかないようです。
WiMAX(IEEE 802.16e-2005準拠)も付いているけど、これは使わないでしょう。

付属ソフトは例によって大量にあったので、使わないものをひたすらアンインストール。
ここは考えどころなんですが、メーカーによって「○○もあるので便利」とかうたい文句があるんですが、個人的には「使わないのにお金を払ってソフトを購入している」状態なので、ここはどうにかして欲しいです富士通さんw
正直スタートメニューに入っているプログラムが多すぎます。
カスタムメイドモデルだけでもいいから付属ソフトの有無を選べるようにして欲しいところ。
正直、ハードウェアをコントロールするもの(無線LANの設定)以外は無い方がいい。

グラフィックは上にも書いたとおり、Intel HD Graphics 4000。
パンヤも結構サクサク動きます。
20120618 06_パンヤ.jpg
グラフィックのオプションは全てON(高画質モード)。
解像度は1366×768。
感覚的には40fps前後くらいは出てるでしょうか。
ただ3D描画なのでパワーを食うため、CPUファンはだんだん早くなり熱風が出てきます。ファンの音もややうるさい感じ。ゲームやってると気にならないかもしれない、でもあらためて聞くと結構うるさい程度か。


前の機種が結構長く使ったので早く買い換えたかったというのもありますが、とりあえずWindows 8が出る前に買い換えたかったので、とりあえず一安心。

プレビュー版を見る限りWindows 8は(主にインターフェイスの部分で)非常に使いにくそうなので、当分スルーします。
Windows8タブレット版(RT)とかあるようですが、普通の人からみれば"Windows8"も"Windows8 RT"もどっちも"Windows8"と見えると思います。でも、RT版は(ARM社製のプロセッサ:Cortex[?])RT用に作られたアプリケーションしか動かない(=Intel[互換]CPUで動いていたものは動かない)ので混乱が出てくると思います。データ(doc, bmp, jpg mp3)などは利用できるでしょうが、現在大量に出回っているWindows用アプリケーションはRT版では動きません。
分かりやすく書くと、
Windows と Mac OS は違うOSなのでアプリケーションの互換はありません。
Windows と Windows RT は違うOSなのでアプリケーションの互換はありません。
個人的にはタブレット系(Windows8 RT, ipad, Android etc.)は興味ないので関係ないですけどねw


というわけで、今回のノートパソコンは大事に使おうかと思いますw
posted by azoon at 15:44| Comment(4) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

パソコンのモニター

20120128 モニター1

20120128 モニター2
12月にですが、モニターを買い換えました。

今までFlexScan S2411W+17インチ液晶だったのですが、9月に引越しをした後にレイアウトをいろいろいじってて、先日ようやく追加の置き場ができたので、17インチをとっぱらって、FlexScan SX2462Wを買いました。

最近PC用モニターは値崩れが激しく、23インチは安いと15,000円とかで買えちゃったりしますが、モニターは人の目に直接映るもので、長期間使うことを考えると”良いもの買っておきたいな(苦笑)”となり、結局SX2462Wを買ってしまいましたw

23インチだとEIZOのIPSでも3万円台で買えちゃったりするのですが、縦の解像度が1,080ピクセルしかなく、元から使っていたS2411Wが1,200ピクセルだったので合わせたかった、というのもありました。

ついでに、S2411WはVAパネルなので、じゃぁIPSにしようか、ということでSX2462Wとなりました。

S2411Wは、当時まだ今よりも更に1.5倍くらい高かったのですが、その頃は高解像度のモニターがまだ少なく、どうしても解像度が広いのが欲しかったので、ちょいと無理して買いましたが今でもぜんぜん問題なく使えております。

というわけで、2画面で3,840×1,200ピクセルという広大なデスクトップとなりました。
たとえば、Excelをウィンドウモードにして2画面全部広げると、A列からAZ列まで見えますw

モニターのデザインも画面周りは違いがあまりなく、並べても違和感が無いのもいいですね。

ちなみに壁紙は2011年10月に旅行で行った、アメリカのグランドキャニオンとヨセミテ国立公園で撮影したものです。



ここからはパンヤのお話。
S2411Wのモニターで1920×1200でパンヤをやっているのですが、"1920×1200でプレイしてる"って言うと「解像度が大きいとパンヤ出にくくない?」という話を何回かされました。

なので、解像度別に比較してみました。
%は、画面の横解像度(ピクセル)に対する、ゲージの大きさ(ピクセル)です。
ゲージ(0〜100%の部分)は392ピクセルでした(多少前後あるかも)

20120128 パンヤゲージ

確かに、さすがに640×480は比率が大きいですね。横解像度全部のうち6割がゲージの幅になりますw

それに比べると、1920×1200は640×480に比べて横に3倍伸びているけど、ゲージの大きさが変わるわけではないので、ゲージの幅率は2割程度になります。

率で見ると低いですが、上に書いたように「ゲージの大きさ(ピクセル数)が変わるわけではない」ので、低解像度でも、高解像度でも、パンヤは出ます。
あとは「コントロールできるかできないか」だけの問題なのでw


追伸
このブログを表示するとき、本文を最初だけ表示して「続きを読む」ってリンク張るのどうやるのかな・・・できるのかな?w
posted by azoon at 18:28| Comment(6) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする