2018年02月17日

レジの金額打ち間違えのレシート

先日のスーパーでの買い物。
20180217_01.jpg

3点合計551円で601円支払ったところ、601,601円と入力(601円を2回たたいた)ので、おつりも60万円超えとなってしまいましたw

昔と違って、レジ(レジスター)もお釣りのお金がまとめて自動で出てくるようになっているのですが、60万円分の札束がでていましたw

普通現金は1万円札が上限(10万円記念コイン等は除く)なので、お釣りが1万円を超えることはありえないのですが、レシートはご覧の通り。レジ打ち直しはしなかったのですが(レジが混んでいたこともあって店員側からやらないと言われました)、ダイジョブだったかな?w(もちろんお釣りは50円だけもらっています)

ちょっと記念に残る(?)レシートでした。
posted by azoon at 20:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
60万円分の札束が出ると言うことは普段レジの中には札束がどれくらい入っているのでしょうね?(苦笑)
 最近こちらのスーパーでは商品のスキャンは係の人が行って実際の支払いはお客さんがレジのすぐ近くにある専用機械でお支払い、のところが増えてきました。(レジ1つに対して支払い専用機が2台)
 中にはフルセルフレジ(スキャンも支払いも全部お客さんが行う)のお店もあります。
 こうしてみると今のレジはホント自動化がさらに進みましたよねぇ。
 昔のレジ係の人がレジからおつりを数えて渡している風景が懐かしいですね。

Posted by 松下禅尼 at 2018年02月18日 15:37
松下様

普段からよくこのお店は使っていますが、利用者のカードと現金は利用率半々くらいですかね。ということで、1万円札もそこそこ溜まっているようです。
ここはセルフレジもあるのですが、別のフロア、かつ、店の出口から結構遠くなるのがあって、使ったことはありません。
もしカード払いで支払い(引き落とし)額の桁が違っていたら怖いですね(今回は1桁どころではなく3桁ですしw)
Posted by azoon at 2018年02月18日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]