2014年09月06日

デング熱の虫の話

ここ最近、代々木公園で蚊に刺されてデング熱にかかったというニュースがありますが、蚊の行動範囲は数百m〜2kmくらいに書かれているような感じです。

でも、以前こんなことがありました。
JR宇都宮線で快速逗子行きに乗っていたときのこと。当時の快速は久喜駅の次が大宮駅だった(現在は蓮田駅も止まっているよう)のですが、久喜駅でドアが開いたら、虫が飛んできて電車の中に入りました。そしてそのままドアが閉まり発車。快速なので次に止まるのが大宮駅。走っている間ドアの回りをうろうろしていた感じ。大宮に着いてドアが開いたところで虫は電車を降りました(出て行った)。久喜-大宮間を地図で測ったら約18km。

何が言いたいかというと、蚊も電車に乗ってどこか遠くに移動している可能性があるんじゃないかなってこと(車でもありえる)。上で書いたのは乗った次の駅で虫は外に出て行きましたが、降りずに壁とかにしばらく張り付いて降りずに、しばらく電車に乗ったまま遠くに行くこともあるんじゃないかな、と。

地図を見ると代々木公園の側には小田急電鉄小田原線の駅である代々木八幡駅、参宮橋駅がある。地下鉄千代田線の代々木公園駅、明治神宮前駅、副都心線の北参道駅もある(数百m圏内)。割と駅が多い。
上に書いた蚊の行動範囲からすると駅(電車)は行動範囲内である。

ということは、代々木公園から電車に乗って移動した場合、代々木公園から遠いところまで行っている可能性も。先日、代々木公園に行っていない人で初感染者が出たというニュースもあったので、上みたいなことがあるんじゃないかなと考えたり考えなかったり(代々木公園で指された人が地元に帰り、地元で別の蚊に刺され、さらに別の人を刺して感染が拡大する可能性がある、とか。蚊が移動した場合移動先で生息できる環境があるのか、という問題もありますが)。

ということを感じた、数年前カンボジアでデング熱を拾ってきた(としか思えない症状が出た)自分の独り言でした。
posted by azoon at 18:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(。・o・。)ノ こんにちゎぁ♪
東京は電車が網の目のように走っているので、それに乗って遠くまで行ってしまっている可能性はありますよね。
新聞やTVでその視点でのニュースは聞かないですね。
 それを報道すると鉄道会社が対応に困っちゃうんじゃないかな・・・

 
Posted by 松下禅尼 at 2014年09月08日 16:44
松下様
いらっしゃいまし♪
ほんとにそうなっているかどうか確かめるのは無理に近いと思いますが、一考に価するかもしれません。
代々木公園に近くないから大丈夫、というのはちょっと危険かもしれません。
Posted by azoon at 2014年09月08日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]