2012年10月27日

ペルー(3-1)

今まで行った旅行 その6
(画像をクリックすると、1024x768サイズまで拡大します)

旅行3日目!

朝4時半起きでございます。
6-003-0637.jpg
まだ暗いです。眠いです。疲れが取れきれていませんw

ということで朝ごはん。
6-003-0638.jpg
パン、ハム、チーズ、ベーコン、スクランブルエッグ、何かのフライ(魚系)、コーヒー。

ホテルの中庭。
6-003-0641.jpg
こざっぱりしてとてもきれいです。

遠くには山に書かれた文字も。
6-003-0643.jpg
6-003-0644.jpg
昨日、クスコで見かけたのと同じような感じですね。

まだ月もこんなにはっきり見えます。
6-003-0650.jpg

というわけで、本日はマチュピチュ遺跡です!
6-003-0662.jpg
というわけで、まずはバスに乗って駅まで行きます。
しばらくこんな風景が続きます。

バスで20分くらいでオリャンタイタンボ駅に着きました。舌噛みそう…w
6-003-0677.jpg

INCA RAILです。なんかそのまんまですねw(昨日のインカ・コーラもそうだし)
今回乗ったのはPERU RAILです。
6-003-0679.jpg
ここから(標高)が約800m下のマチュピチュ駅まで行きます。

駅前にはいろんなものが売っています(主に食料品@観光客向け?)。
6-003-0685.jpg
色合いがハデですねぇ。よく見るとINKA KORAが台の足になっていますw

ホームにやってきました。
6-003-0691.jpg
青(PERU RAIL)と白+緑(INCA RAIL)の列車がありますが、今回は青いほうに乗ります。ちなみに全席指定。

「緑茶」もあるようですw
6-003-0693.jpg

発車前の様子。
6-003-0696.jpg

一応、Wi-Fiも使えるらしいです。
6-003-0700.jpg
iPhone持ってる人がいたのですが、ダメだった様ですがw

乗車。天井のほうまで窓があるので明るくなってます。
6-003-0705.jpg
遠くのほうもよく見えますね。

というわけでしゅっぱ〜つ。
6-003-0716.jpg
ツアー以外のお客さんも一緒です(ツアー客だけで固まってはいますが)。
動いてみるとしばらく違和感があったのですが、なんだかギアチェンジしているバスのような感覚でした。ちなみにこの列車は単線で、たまに途中の駅ですれ違うために停車しているときがありました。

この列車には、軽食もついています。
6-003-0719.jpg
小っちゃい(3cmくらい)バーガーとフルーツ、ドリンク。無難(?)にコーヒーを選択。横にコーラがあったのですが、ペットボトルが2.5リットルとでっかいやつでしたw

途中には雪をかぶっているアンデス山脈も。
6-003-0711.jpg
標高が5,700mくらいあるそうですw

乗車から約80分、マチュピチュ駅に到着しました。
6-003-0740.jpg

続いてまたバスに乗るために、少し移動します。
6-003-0754.jpg
雰囲気が何となく伊豆の温泉街(?)っぽいのは気のせいでしょうか?w
ここで標高約2,000mくらい。ホテルがあったウルバンバ(2,800mくらい)よりだいぶ下ってきました。

そしてまたバスに乗ります。
6-003-0771.jpg
このバスで、マチュピチュ遺跡まで行きます。

いろは坂のようなくねくねした坂道(ハイラム・ビンガム・ロード)を約25分くらい登っていきます。
6-003-0770.jpg

だんだん標高があがってきて、でっかい山も見えてきました。
6-003-0785.jpg
マチュピチュ駅はこの山のふもとにあります。

約30分で入り口まで着ました。
6-003-0788.jpg
6-003-1121.jpg
ホテル・サンクチュアル・ロッジ。マチュピチュのそばにある唯一のホテル。ガイドブックを見ると、1泊717$〜(シングル部屋)とか恐ろしい数字がw

ここでマチュピチュの入場券をもらいました。
6-003-0791.jpg
1日入場券で128ヌエボ・ソル。1ヌエボ・ソルは約30円。
ペルーの通貨の単位はヌエボ・ソルですが、USドルが流通しています。

中にはトイレが無いということで行っておきなさい、ということで有料トイレへ。
6-003-0789.jpg
1回、1ヌエボ・ソル。中は割ときれいなトイレでした。

いざ、入場。
6-003-0792.jpg
外国人の入場には、入場チケットのほかにパスポートの提示が必要です(入場チケットにパスポート番号が記載されている)。

結構急な山道(階段)を歩いてくると、いろいろ見えてきました。
6-003-0796.jpg

さらにテクテク登っていくと、一番有名なあの場所に到着しました。
6-003-0812.jpg
ぉぉ!

もうちょっと奥まで。
6-003-0841.jpg
すごぉぉぉぉぉぃ。やって来た甲斐がありました!
天気も晴れて何より。ガイド曰く、登るまでは天気はよくわからないそうです(山だからすぐ天気も変わる)。
さっきより奥まで来たので、反対側に下っている斜面も見えます。
真ん中のとんがっている山はワイナピチュ山。1日入場が400人に限定されているそうです。

こちらは今回ガイドを務めてくれたマリソルさん。
6-003-0851.jpg
なかなかお茶目な方ですw
ガイドブック「地球の歩き方」を「地球の迷い方」と(わざと)言ってましたw

振り向くと上のほうに山が。
6-003-0853.jpg
左の山で、約3,000m。クスコの町はさらに400mも上にありますw

下を向くと川底まで見えます。
6-003-0866.jpg
柵なんてものはありません。階段をゴトンゴトン落ちてしまいますw

マチュピチュ全景のベストショット。
6-003-0860.jpg
壁紙とかにどうぞw

これから遺跡の中に入っていきます。
6-003-0874.jpg
ここが入り口。

振り向くと、見張り小屋が見えます。
6-003-0885.jpg

これは住居跡、だったかな?
6-003-0899.jpg

ここは聖なる広場。
6-003-0934.jpg

神殿跡。
6-003-0941.jpg
ミイラや飾りが置かれていたと考えられているそうです。

側にある四角い石。
6-003-0942.jpg
正面(斜面の根元)から左側から撮っています。この石の四隅は東西南北を示しています。

一番盛り上がっている方向が南(S)、へこんでいるほうが北(N)を指しています。
6-003-0943.jpg

修復中で立ち入れない部分もあります。
6-003-0948.jpg

真ん中の広場を見下ろしたところ。
6-003-0949.jpg
広場も段々になっています。

ちょっと登って見下ろしたところ。
6-003-0952.jpg
左右に段々畑、奥にはさっき見た見張り小屋もちっちゃく見えます。


ペルー(3-2)へ続く
posted by azoon at 20:59| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やりましたね!
スマートで見やすい旅行日記。

魅せられました。
まるで行って来たみたいな感覚になりました。
有り難う。
Posted by at 2012年10月29日 13:49
>名無しさん
どなたかな?(といいつつ文面で大体分かるんですが...Bさんかな?)
ありがとうございます。
もうちょっとだけ続きますよ。
Posted by azoon at 2012年10月29日 23:07
名無しさんは、bonmama です。
前は自動で出たような・・・

ごめんね☆
Posted by ボンママ at 2012年11月02日 19:07
ボンママ様
毎度ありがとうございます。
全然だいじょぶですよ〜
Posted by azoon at 2012年11月02日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]