2012年03月18日

カンボジア(1)

2008年10月 カンボジア
(画像をクリックすると、1024x768サイズまで拡大します)

初の海外旅行がカンボジア、でした。
普通、韓国とか台湾が多そうな感じがしないでもないですが、いろいろあってここになりました。

ちなみにこの当時、原油の価格が一番高いときで燃油サーチャージ代を相当額取られましたw

成田から約6時間かけて着きましたは、タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港です。
1_001_0021.jpg

カンボジアへは日本から直行便が出ていないので、タイ、またはベトナムから乗り換えるルートが多いようです。
1_002_0040.jpg

タイ語なんて読めないのでいっしょに書いてある英語を無理やり読んで乗り継いだ。空港で30分迷子になりましたw
ここで時差が(マイナス)2時間発生。時間を戻す感覚が新鮮でした。

待ち時間が2時間半くらいあったので空港内を(分かる範囲で)うろうろ。
乗り継ぎの飛行機が到着したようです。
1_003_0041.jpg
ちっちゃいw
20人くらいしか乗れない小型機です。でも国際線です。なんか雨(っていうかスコール)まで降ってきたし。
ここからカンボジアのシェムリアップ空港まで約1時間。
そんな短い中で、入国カードを書いて、機内食まで食べました。
この機内で会った日本人の方にあとあと救われることに・・・。
ちなみに、添乗員が日本人だったのもびっくりw

そして着きましたは、カンボジア・シェムリアップ国際空港です。
1_004_0043.jpg

現地到着が19時(日本時間21時)頃。この日は移動だけでおしまいです。
翌日からの観光ガイドさんが迎えに来てくれて、ホテルまで案内してもらえました。

とりあえず、初海外ということで、初めてのことだらけ!

まず、時差がある(ほとんどの海外ではあたりまえだが)。
ホテルに着くまで車で送ってもらったけど、車線が日本とは反対。
建屋の階層の表し方。日本では1階(地面に接している階)が0階。
1_005_0049.jpg
1つ上がると1階になる(日本では2階)。エレベータもご覧の通り0階。

電気のコンセントの口が違う。
1_006_0053.jpg
カンボジアの電圧は220V。電気のコンセントプラグはA型とC型の複合型。
右に見えるのが持参したタコ足。その左が変圧器。その左の横長のが現地のタコ足。
後から気づいたんだけど、持参したノートPCの電源は100〜240V対応だったので変圧器は要りませんでした(変換プラグだけでOK)。

ちなみに到着した時点で、ホテルには日本語の分かる人がいなく、分かる人が来たのは3日目の夜でした。カタコト英語でなんとか乗り切ったw

この日は移動だけで終了。
いろいろ疲れました。


2日目
起床して窓を開けてびっくり。
1_007_0080.jpg
おおー、日本じゃない風景だw
思わず歓声がもれましたw(マジデマジデ
真ん中のこんもりしているところによく見ると気球(黄色っぽい丸いやつ)が見えます。これは後ほど。

いざ観光へしゅっぱ〜つ。
1_008_0117.jpg
旅行者1人・ガイド1人・運転手1人。
専属ガイド・運転手つきでしたw
(同じ日に同じツアーで別の組の申し込みがあったりすると、その人たちと一緒にまわることになります)


最初に向かったのはプリア・カーン。
1_009_0141.jpg

ここは結構崩れちゃってるのが多かったような気がします。
1_010_0150.jpg

続いてはニャック・ポアン
1_011_0185.jpg

四方に石造があり、口から水が流れるようになっているようです。
1_012_0195.jpg
顔こわいw

お次はタ・ソム
1_013_0205.jpg
この門がお出迎えしてくれました。

こんな掘り込みがいたるところに。
1_014_0209.jpg

次はプレ・ループ
1_015_0238.jpg
途中の階段がすごく高い段差で、手を使わなければ上れなかったw

階段正面の建物の中から上を見上げた写真。
1_016_0266.jpg
穴が開いて空が見えています。

上から遠くを眺めた風景。
1_017_0279.jpg
遠くには木以外みえませんw
けど、すごい眺めだなー。

この後一度ホテルへ戻ります。
カンボジアには昼寝の習慣があり、それはツアーガイドも例外ではありません。
2時間くらいホテルでくつろいでましたw

そして午後の部。

朝、ホテルの部屋から見えた気球はこちら。
1_018_0316.jpg
上空200mまで連れて行ってくれるそうです。1回15US$くらい。

カンボジアの通貨はリエルというのがあるのですが、街中ではUS$が流通しています。買い物しておつりが出るときにはリエルで返ってきます。1US$=4,100リエルくらい。

というわけでついにやってきましたはアンコール・ワット!
1_019_0325.jpg

入ってすぐのところに阿修羅像みたいなのが。
1_020_0356.jpg

門を抜けてしばらく歩くと全体が見えるところへ出てきました。
1_021_0373.jpg
水面に反射した建物が映っててすごく綺麗です。

中に入ると壁画がたーくさん。
1_022_0424.jpg

柱の影も美しい〜
1_023_0405.jpg

当時、裏側は工事中でしたw
1_024_0442.jpg

中は結構開けてます。
1_025_0518.jpg

ここの階段は、当時は工事中で立ち入り禁止でしたが、今は入れるようです。
1_026_0532.jpg

中には堀のようなものも。
1_027_0611.jpg

帰り際にパチリ。
1_028_0626.jpg


その後、プノバケンから夕日を眺めることに。
ガイドさんは「下で待ってるから行ってらっしゃい♪」ということで1人でテクテク山を登っていくことにw
来たことの無い場所、周りに知っている人がいない、言葉も分からない、一人で行ってらっしゃい、結構不安になりますw
1_029_0655.jpg

しばらく上っていくと、プノバケン遺跡が見えてきました。
1_030_0665.jpg

そして幅が狭くて高さのある階段を上ることに。
1_031_0675.jpg
足を置く幅が狭いw

てっぺんまで上ると、夕日がいい頃合になってきました。
1_032_0684.jpg
こんな状態でも軽く30度以上はあり、汗だくでしたw

さっきの気球も飛んでました。
1_033_0726.jpg
ちょっと左に傾いてるかな?w

日の入りを見るために、けっこうたくさんの人がいます。
1_034_0747.jpg

そして日没直前。
1_035_0750.jpg
綺麗な夕日が撮れました♪

その後、カンボジア宮廷舞踊アプサラダンスショーを見ながら食事をしてホテルへ戻りました。
だいたいこんな感じでした↓

(azoon撮影)
posted by azoon at 19:48| Comment(3) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旅行記楽しく拝見させていただきました。
カンボジア・・・ついこの間まで内戦してた所とは思えないほど長閑ですね。
 景色も熱帯特有の植物が生い茂ってますし、建物もね^^;
>街中ではUS$・・・
 自国の経済の現状を国民はよく知ってますねw

でも治安ってまだ安定してないでしょ?
僧侶の人たちには会いました?w
Posted by 松下禅尼 at 2012年03月18日 20:43
 ホテルの0階・・・私もマレーシアに行ったときには戸惑いました。
通常はGround Floor(大抵Gと書かれてる),1,2,3・・・なんですけどねw
Posted by 松下禅尼 at 2012年03月18日 20:45
松下さま

僧侶の人は、プノバケン遺跡で見かけました。
遺跡の頂上でデジカメいじってましたねw

0階は海外だと「Floor G」のほうが見た中では多かったような気がします。
地下に1つもぐると地下「1階」だから、地上から1つ上がると地上「1階」、だからもぐっても上ってもいないので「0階」でも何もおかしくないんですけどね・・・w
Posted by azoon at 2012年03月19日 19:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]